20150620
 
結核というと昔の作家などが稼げず、栄養失調になって感染するというイメージが強いですね。
 
一時はペニシリン等の抗生物質の普及で激減し、もう流行することはないだろうと言われていましたがまだ静かに感染が広がっているのをご存知でしょうか。
 
飽食の現代、安くて手軽に食べられるものが溢れているこの時代、ファストフードやコンビニ食、スナック菓子などカロリーだけは高いのに、それだけでは必要な栄養が十分摂れず栄養失調になってしまうなんて皮肉ですね。
 
またお酒の飲みすぎや房事過多など生活の不摂生、過労や慢性病、妊娠出産などでも「気・血・水」が消耗し抵抗力が弱ると感染しやすくなるので注意が必要です。
 
「気・血・水」が消耗し抵抗力が弱るとはどういう事かというと、この場合は肺、脾、腎が弱っていることが原因です。
 
結核は肺だけの病気と思いがちですが、肺が弱ると脾から気(エネルギー)を奪うので脾が弱ります。

脾が弱ると食事からの栄養が吸収できなくなります。

そして正常な「血」も作れなくなってしまいます。
 
また肺が弱ることで腎にエネルギーが補給されなくなり、「水」が枯れ肝が燃え上がることにも繋がります。
 
 
結核は比較的致死率の高い病気ではありますが、免疫力がしっかりあれば感染しませんので、恐れる必要はありません。
 
脾、小腸がしっかりしていれば良い「血」が作られ免疫力が上がります。
 
病気は基本的に何でもそうですがやはり「予防」が一番大切ですね。
 
 
最近すぐ風邪をひいてしまう、疲れやすく食欲がないなど免疫力が落ちているのではないかと思われる方はご連絡下さい。

「双龍点睛整体術」で肺、脾、腎を正常な状態に戻るよう働きかけます。