『氣』ってなんですか?

20150829-3

東洋医学(中医学)を学ぶようになってから、頻繁に使うようになった『氣』という言葉。

『氣』という文字は、いろんな言葉に使われている。

例えば、『空気』。

我々が普段何気なく行っている呼吸。

その時、吸い込んでいる『空気』にも『氣』はあるということを示している。

と言われても、目に見えないし、そんなの本当にあるの?と疑いたくなる気持ちもわかる。

じゃあ、『氣』って我々の体で何をしているのよってことなのだが、すごく簡単に言うと、『バリア』の役割と『エネルギー』の役割をしている。

『氣』があることで、外の影響から身を守ることができるし、生命活動を円滑に進めることができる。

『氣』っていうのは、我々の体の一番外側にあり、我々の体を包み込んでいるものもあれば、内側に流れているものもある。

よく『オーラ』と言われるのが、『氣』と考えていただけるとわかりやすいと思う。

その『氣』は、我々が生まれた時から持っているものもあれば、普段の生活をしている中で、呼吸をし、食事をすることで養うことができるものもある。

で、自分が気功をお伝えする時に、

「呼吸は鼻でお願いします。」

というのには、ちゃんとした理由がある。

『氣』が創られる過程

実は東洋医学(中医学)では、鼻から吸う空気のことを『天空の氣』としており、その『天空の氣』が鼻から吸い込まれ、『肺』へと到達する。

そして口から食べ物を食べると、それは『地の氣』となり、胃で消化された後、小腸へ行き、栄養吸収され、その吸収した栄養は『脾』に集められることになる。

その後、『脾』から『肺』へと『地の氣』が分配され、『天空の氣』と合わさることで、『真氣(しんき)』に変わる。

『真氣(しんき)』は、『元気』とも言われるもの。

ということは、呼吸と食事がうまくいけば、人間は『元気』でいられますよということになる。

また内側の『氣』は、生命活動に必要な『血』を循環させているし、汗や尿などを排泄させるのにも必要なもの。

つまり、『氣』を養うことは我々の健康には欠かせないものなのだ。

と、ちょっと難しい話になったが、気功をして『氣』を養っていくことは健康な体を維持するのに最適。

気功で『氣』を養い、バリア効果を高めて、健康な体づくりに役立てていただければと思う。

ちなみに先日もお伝えしたが、気功の個人レッスンも開始したので、ご希望の方はメッセージかコメントでご連絡いただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  2. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  3. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  4. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  5. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
ページ上部へ戻る