お酒がなぜ体に良くないと言われるのか?

20151212

『お酒』の飲み過ぎには気を付けましょう!

という言葉を一度は聞いたことがあると思うが、

なぜ『お酒』が体に良くないのか?

という部分を明確に理解している人は少ないと思う。

そこで『お酒』について『黄龍英(おうりゅうえい)』先生に聞いてみた。

お酒が体に入るとどうなるのか?

黄 慶山
先生、忘年会シーズンでお酒を飲む機会が多くなると思うので、改めてお酒がなぜ体に良くないのか、教えていただけますか?
黄 龍英
ほとんどの人がアルコールが悪いというけど、本当は砂糖だね。
黄 慶山
砂糖ですか!?
黄 龍英
そう。全てのお酒には砂糖が入っているんだよ。
黄 慶山
そうなんですね!
黄 龍英
お酒の場合、砂糖をものすごく早く吸収してしまうところに問題がある。
黄 慶山
はい。
黄 龍英
消化しようと思っても、吸収スピードが早過ぎて腸が追いつかない。
黄 龍英
そして、そのまま体の中のあちこちに溜まる。
黄 慶山
ということは、胃の中に入った瞬間に吸収されちゃうってことですか?
黄 龍英
だから胃酸が出る暇がなかったりする。
黄 慶山
えっ!?ということは、胃はスルーして直接腸に行ってしまうってことですか?
黄 龍英
そう。そこが問題ってことと、アルコール自体は瞬時に体に吸収させていくから、とてもじゃないけど消化器は間に合わない。
黄 龍英
で、お酒が血中に入った時に、血中アルコール濃度ってものが一番問題になることが多いので、その血液中に入ったアルコールをそのまま肝臓に持ってきて、『ホルムアルデヒド』っていう猛毒に変えていくんだよ。
黄 龍英
わざわざ毒物になりました!ということを体に認識させて、その毒物分解を肝臓が始める。
黄 慶山
一回毒物に変えてから、分解するんですか?なんで、そんな面倒なことするんですか?
黄 龍英
面倒かもしれないけど、そうしないと体自体が認識できないんだよ。
黄 慶山
肝臓自体がってことですか?
黄 龍英
うん。分解する手間としては。
黄 慶山
一回有害物質にしてからでないと、肝臓は分解できないってことなんですね。
黄 龍英
そう。とにかく吸収スピードが早過ぎて追いつかない。
黄 慶山
じゃあ、吸収したいと思ってしているわけではなく、腸の処理能力を無視して、どんどん入ってきちゃうってことですか?
黄 龍英
そうそう。
黄 慶山
で、それが勝手に『血』になっちゃって、どんどん『血』の中にお酒が混ざってきちゃうってことですか?
黄 龍英
そうなると結局、『血』の中にうまく血球が創れなくなってくる。
黄 慶山
小腸に吸収された時、赤血球になりますけど、それがうまくいかない?
黄 龍英
そうそう。そうすると酸欠になってくる。酸素が足りなくなるから。
黄 龍英
それはまずいから、一旦肝臓が毒物に変えて、何がどういう風に悪いものがあるのかってことを認識させるんだよ。
黄 慶山
肝臓が。。。そこから分解して排除していくことになるわけですね。
黄 龍英
そう。でもその毒物に変えた瞬間に身体中に循環しちゃうので、脳とかにも回ってくる。
黄 龍英
毒物を身体中に回しながら、回収して分解するから、分解には時間がかかる。
黄 慶山
じゃあ、肝臓がお酒をホルムアルデヒドに変えたあと、肝臓が再び回収するまで時間がかかるってことですか?
黄 龍英
そうそう。
黄 慶山
それは毒物が体の中を一回回っちゃうってことですか?
黄 龍英
そう。
黄 慶山
ということは、酔っぱらった状態っていうのは、ホルムアルデヒドが全身を回っている状態ってことですか?
黄 龍英
そう。
黄 慶山
うわ〜。それはやばいですね。(~_~;)
黄 慶山
先生、全部のお酒には砂糖が入っているって言ってましたけど、焼酎みたいな蒸留酒もですか?
黄 龍英
うんうん。
黄 慶山
全部??
黄 龍英
うんうん。
黄 慶山
はぁ〜〜〜(~_~;)
黄 龍英
だから焼酎は砂糖の割合が少ないってだけのこと。
黄 慶山
焼酎が一番少なくて、あとはどんどん砂糖が多くなるってことですか?
黄 龍英
そうそう。
黄 慶山
じゃあ、お酒飲むと胃をスルーして、小腸に行って勝手に『血』になっちゃうってことですよね?
黄 龍英
そうじゃなくて、『血』にならずにお酒のままスーッと入ってちゃうから。
黄 龍英
だから、本当だったら砂糖の部分を消化しないといけないのに、消化しないまま、血管の中に入っていくから、いろいろなところにベタベタとくっついて、血管が細くなる。
黄 慶山
あー!!そういうことなんですか!!
黄 慶山
お酒によって、砂糖自体も消化器を通過して血管の中に入っちゃうってことなんですか!
黄 慶山
それ、めっちゃタチ悪いですね。。。(~_~;)
黄 慶山
それで『血』がドロドロになって、血管が細くなって。。。
黄 龍英
それでお酒飲んでタバコを吸っちゃうと、タバコの影響で血管が収縮してくるので。。。
黄 慶山
血管がさらに細くなる。。。
黄 慶山
それ、いつ急に倒れてもおかしくないですね。(~_~;)
黄 龍英
だからどっちかにしないとだよね。お酒飲むのか、タバコ吸うのか。
黄 慶山
どっちかにしないと、命の危険があるってことなんですね。
黄 龍英
そう。
黄 慶山
わかりました。ありがとうございます!

お酒の飲み方には注意!

ということで、お酒を飲むと肝臓で創られた毒物が全身を周って酔っ払う。

肝臓がその毒物を分解するのに、ものすごく時間がかかる。

そしてお酒と一緒に砂糖も『血』の中に入ってきて、血はドロドロ、血管は細くなる。

そこにタバコを吸うと、血管が収縮し、さらに細くなり、ある時、急に息苦しくなって。。。

なんてことにならないように、忘年会シーズンで羽目を外しすぎるのには、ご注意ください。

PS.
双龍門的な食の話題は下記ページでまとめていますので、ぜひご覧ください。
無為自然的な食べもの集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  2. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  3. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  4. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
  5. 段々と肌寒い季節となりました。 夏は陽気に満ちた季節でしたが 秋は段々と陰気に満ちる準備の季…
ページ上部へ戻る