『起床時の腰痛』意外な原因【知って驚きの東洋医学】

20150711-2

梅雨に入ってから起床時に腰が重く痛みがあり、すぐに身動きが取れない状態が続いていました。腰痛が起きるのは朝だけで午後には痛みがひくのです。

非常に気になり、原因を調べようとインターネット検索をしました。多く挙げられたのは

「うつぶせ寝、体の歪み、寝具が体に合わない、ヘルニア、運動不足」

などで、あまりピンときませんでした。

強いて言えば脊椎そくわんなのと、過去にギックリ腰や座骨神経痛になった事があるので、そのうち再発するのではないかと不安を感じていました。

東洋医学のグランドマスターに施術してもらった際、寝起き腰痛の症状がでていること、そして自分では体の歪み(脊椎そくわん)が原因ではないかと思っていることを伝えました。

するとすぐに、

黄 龍英先生
体の歪みではない、【滞っている】のが原因

だと教えてくれました。

(とどこおる。。。? 何が?リンパ?それとも血流?)

安易にネット検索で調べても出て来なかった言葉に頭が「?」となりました。

東洋医学語に疎いので、正直「滞る」いう聞き慣れない言葉が理解できず、どうしても気になったので 後ほど質問させていただいたところ、

『気・血・水』のそれぞれの力のバランスが悪いため、エネルギーが流れ難い状態になっていたようです。

生命エネルギーを維持する力、体に栄養を運ぶ血、体を調節する体液。。。どれかひとつだけ大事と言うわけではなく、やはりそれぞれがちゃんと機能しないと不具合が起きるのだなぁと思いました。

その日は「滞り」をなくして「流れ」をよくする施術を受けました。押してもらった箇所はどこも鈍い痛みがあり、(ふだん意識しない場所ばかりだったので)自分でも驚きました。

あとで自分で押してみたのですが、何かが違います。

グランドマスターは力の加減や色々な技術を用いて施術しているので、ただむやみに押しても仕方ないですね(むしろ悪化しないか不安です 笑)

そして翌朝。

あの重かった腰痛が完璧に取れていました。さっとすぐに立ち上がれたので、一体あの腰痛は何だったのだと思いました。

グランドマスターのことは信頼していましたが、まさかこんなに綺麗に痛みが取れるとは思っていませんでした。

この時の正直な気持ちは。。。

『恐るべし、東洋医学&グランドマスター!(笑)』

Kさんより投稿頂きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items

関連記事

最新記事

  1. 足腰をしっかりと鍛えること アトピーや湿疹でお困りの方はおられますか? 特に全身に渡るアトピーや…
  2. 2018年は破壊と進化の年 2018年は中国暦(太陰太陽暦)ですと2月16日が1月1日の元旦と…
  3. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  4. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  5. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
ページ上部へ戻る